“決まりだらけ”の楽譜。咳ひとつ、物音ひとつたてない堅苦しいだけのクラシック音楽会のイメージ。
オーケストラのみんなから「マエストロ!」と呼ばれるものの、実は孤独で寂しい指揮者。
「そんな想いを赤裸々に綴る・・・」
せめてこのページだけは、自由に綴りたい。チョッピリの本音と少しの知識を交え、楽しいページにしていきたいと思います。
“随時 更新”していきますので、どうぞご期待ください!
 

  

“マエストロ”とは?
maestro[伊] 先生、師匠を意味するイタリア語であるが、音楽の世界では権威ある教師、作曲家、指揮者に対し、敬意を表してこう呼ぶ。

 

1961年埼玉県蕨市生まれ。指揮を遠藤雅古(故人)、ピアノを三村則子、大木忠雄各氏に師事する。1981年尚美学園教育科ピアノ専攻卒業。専攻優秀者による奨学金及び専攻優秀者賞を受賞。卒業後、8年間にわたり埼玉県川口市で教諭としての経歴をもつが1989年退職の後、指揮者に転身する。  これまで、プロ吹奏楽団であるTADウインドシンフォニー、東京ユースシンフォニーオーケストラ等の副指揮者を皮切りに、SANAウインドシンフォニー、フィルハーモニアアカデミーオーケストラの音楽監督等を歴任し、現在は仙台フィルハーモニー管弦楽団、東京ニューシティ管弦楽団等の国内のプロオーケストラを指揮している。またスタジオ録音では、セガエンタープライズRPGソフト「エターナルアルカディア」フルオーケストラヴァージョンの指揮も担当した。

1998年より東京藝術大学指揮科助手として、小林研一郎教授(現:名誉教授)のアシスタント等を務め、2004年には山形県長井市に於いての'東京藝術大学特別オーケストラ'とのベートーヴェン「第九」公演(小林研一郎指揮)では合唱指揮を担当し、その指導の手腕は各新聞紙上で絶賛され、さらに翌2005年には引き続き長井市及び長井ウインドシンフォニーの招きで、東京シンフォニックウインズ(東京藝術大学卒業生の編成による吹奏楽団)を率い指揮をした。

近年の活動では、2009年に福島県いわき市の招きで、大倉由紀枝氏、小林大作氏他との共演のガラコンサートにおいて東京ニューシティ管弦楽団を指揮し成功をおさめる他、2010年の「宮城県庁ロビーコンサート」においては仙台フィルハーモニー管弦楽団を指揮、また同オーケストラでは東北電力主催の「放課後コンサート」等でも度々指揮しており好評を得ている。

指揮活動をする一方で、地域の音楽教育を推進させるため自ら主宰となり、地元埼玉県川口市に音楽事務所及び音楽院を設立し多くの音楽家を輩出する他、これまでの教員経験も生かし、中学・高校の吹奏楽及び合唱指導、また各市町村での音楽教員対象の指揮法研修会も積極的に行っている。

1989年には、吹奏楽指導等の功績により埼玉県川口市より「青少年育成功労者賞」を授与する。
社会活動においては、2008年3月に福島県で開催された「第1回声楽アンサンブルコンテスト全国大会」で審査員として招聘された他、中部日本吹奏楽コンクール、全日本吹奏楽コンクール県大会及び地方大会、吹奏楽アンサンブルコンテスト等で審査員を務める。また2008年より「スペシャルオリンピックス支援コンサート〜コバケンとその仲間達オーケストラコンサート」においては、東京、千葉、福島、山形、兵庫他で、演奏会の司会及び合唱指導等で参加している。

現在、東京藝術大学指揮科非常勤講師。酒井音楽事務所主宰。

   

指揮者酒井敦の指揮法講座 開設!
   指揮法のこと、指揮者のこと、指揮者の苦労話、音楽談義etc...
      ちょっとまじめに時にはリラックスして・・・
      役に立つ音楽講座、楽しくやさしい音楽講座を目指しています。
音楽が楽しくなる講座です。どうぞ、ご愛読ください。

どうぞこちらからお入りください

     

 
Copyright(C) 2003 SAKAI MUSIC WORLD All Rights Reserved.